« イスコ ゴッチンゲン | トップページ | L410電源強化 »

2006年7月29日 (土)

魚眼君(FIT製)

自分で製作、改造したわけではないが、なかなかの優れものレンズなのでご紹介。いわゆる魚眼アダプターでまぁ基本はドアスコープと大差なし。ただし、8000円前後とちょと高価であり、話を聞くと光学ガラスを使用し、コーティングも施してある本格派。

しかも三脚ネジ穴を利用してベースがとりつけられそれに磁力でとりつくという至れり尽くせり。市場ではなかなか見かけない逸品(筆者はレンズ設計フェアとかいう産業展示会にて購入)ではあるが、お試しを勧めたいブツである。

Fit オプティオW10にとりつけた状態

ところでこれに限らず、屈曲光学系、レンズが伸縮しない光学系にこそ

コンバージョンレンズは最適であるはずと思うのだが公式に適応機種がないのはなぜだろう?

Photo_61 作例 周辺がさすがにゆるいがまぁ許容範囲ほぼ180度を写しているので手とかの写り込みには要注意

Photo_62 作例 接写系はなかなかいい描写。狭い居酒屋とかで宴会の時のスナップに使うとウケるかも。

« イスコ ゴッチンゲン | トップページ | L410電源強化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/2843762

この記事へのトラックバック一覧です: 魚眼君(FIT製):

« イスコ ゴッチンゲン | トップページ | L410電源強化 »