« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

FL200ミリF3.5のニコンへの移植

FLレンズは絞りリングが鏡筒中間あたりにあるので、マウントを除去しても絞り機構が生きていたりする。でBFに余裕がある場合は移植が簡単になる。今回のレンズはFL200ミリF3.5、ジャンク扱いで1050円の激安品。全群繰り出し式で、後部鏡筒を除去、紙の筒でヘリコイドを作りFマウントレンズにさくっと変身。こいつは焦点距離も長いし、無理な小型化もしてないので、素直な性能を発揮してくれる。逆光時のホンワカさはなかなかの味わい。

Photo_115 フロントビュー

Photo_116 トップビュー

Photo_117 作例 ちゃんこ屋さんの看板力士?

Photo_118 作例 夕刻の商店街を幻想的にしてくれる味わい

2006年10月14日 (土)

FDレンズ1050円

35-105ミリF3.5というこのスペックだけ見るとなかなかなFDレンズがジャンクで1050円(-10%ポイント)で売られていました。一面に小さいけどゴリッとした傷と、マウントがガタガタになってるが故でありましょう。

早速買って、傷は黒く塗ってごまかして、マウントは除去して、絞りリングも除去して(ここが特に壊れていたので除去せずにはおれませんでしたわ)、そーするとフランジバックに余裕が出来て、ニコンへの換装が可能になっちゃいました。Fマウントの雄を地味に削りながら無限遠チェックする事を繰り返して、そして接着剤で固定・・・でも風景とかとるといまいち、もろに偏芯のような左ボケ画像に・・・所詮はこんなものか?ではポートレートでは使えるかというと画質はそこそこなのだけど、最短撮影距離が1.5mで、これまたうーむ。逆光にもメタヨワプなので、やっぱりうーむ。所詮はキヤノンということなのかなぁ???(アンチキヤノン派のぼやき)

明るさもタムロンの35-105F2.8SPのF3.5と比べるとやや暗めで嘘んこだし・・・

思わずトミノ監督のお約束発言(○○は失敗作です)をしそうになる左脳右脳であった。

Photo_111 やはりこの犬猿のコンビネーションには無理があるのか?

Photo_112 作例 あきらかに左がボケボケ、見た目はまっすぐにマウント接着しているのだが・・・そもそもF3.5ではそれほど工作精度は不要なはずだが・・・もしかして元々片ボケなレンズってこと?

Photo_113 作例 葉里真央(はさとまおう)

こういうのだといい感じ、ボケも悪くないのだけど・・・

Photo_114 作例 ちょと逆光でド派手なゴーストしかも形変だし・・・だめじゃん!

2006年10月 9日 (月)

HELPERレンズ

犬も歩けば棒に当たる、左脳も中古屋歩けばお宝(?)に当たる、という格言の通りで、今回は75ミリF2.5のそこそこ明るいレンズ、美品、確か2000円位だったか。ただし鏡筒他なし、レンズも多分プロジェクター用と思われる、けどこーゆーのを買って改造して使うのがまたエクスタシィィィだったりする。これは改造なんてれべるではなく軽量級なので紙で鏡筒作り、ボディキャップに接着してチャッチャと完成。携帯性に優れ、描写もまずまずの優れものであ~る。

Photo_107 思い切り紙の鏡筒で、黒塗装さえしてない潔さ(手抜き?)

Photo_108 作例 アキドル、不思議系部門ぶっちぎりの第一位

吉野みはるだなも!

衣装コンセプトはドラえもん

Photo_109 作例 アキドル 成功系部門No1(DVDロケでグアムまで行きよった)

中島聖恵(きよえ)さん

Photo_110 作例 ・・・・・アタタタタタタタタ・・・・・

2006年10月 4日 (水)

autotokina

tokinaのユニバーサルマウントであるTXマウントの前に、絞り連動機構はTXと同様ながらマウント固定はネジ式という形式があったらしい。とりあえず自分が発掘できているのはここで取り上げる55-135F3.5レンズしかない。で、こやつ、2000円のジャンクでマウントは無し状態でした。で、アダプターマウントを発掘作業をずっと続けていたもののいい加減見つからないので、Fマウントを接着することにした。幸い絞りはマウント基部と分離しているのでとりあえずマウントを取り付ければマニュアル動作に支障はない。フランジバックを合わすのに今回は、Fマウント雄と厚さ1センチのバルサ板をまず接着し、それを地味に無限遠でるまでヤスリ掛けするという職人的工作。で、無事無限遠はしっかり出てくれたのだが、接着の時に横方向がちょいずれてしまった(微妙にシフトレンズ状態)。が、昔のやや望遠系のレンズなだけあって実写では問題はでていない。どっちかというと解放時のややフレアっぽい方が問題だが、これも味と割り切ればまた楽しからず也。

Photo_102 55~135ミリ、実はデジイチの時代になって、ポートレート撮影には結構重宝する焦点域だったりする。大きさの割にはF3.5と明るめだし。

Photo_103 改造部 よーくみればレンズ鏡筒とマウントが微妙にずれているのがばれてしまふのふふふ

Photo_104 作例 微妙に白んでます

Photo_105 作例 最短1.5mなので、マクロもそこそこ

Photo_106作例 こういうガチャガチャした絵もちゃんと写ってくれるので合格点を

あげたい

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »