« 魚眼君DG | トップページ | パンケーキ2号 »

2006年11月10日 (金)

パンケーキレンズ

パンケーキレンズ=薄型でパンケーキみたいな姿の一眼レフ用のレンズは三昔前に流行し、45mmF2.8あたりのスペック、厚さ10ミリあたりが定番であった。が標準レンズが標準ズームに移行したのと期を同じくして、こちらも廃れていった。数年前にニコンがこれをMFながらCPU内蔵で新開発して話題になったり、最近ではデジタル専用でペンタックスが40ミリF2.8レンズ(AF)を発売したりしている。

その辺を自作してみたのが今回の作品で、マスターレンズはペンタックス初のコンパクトだったオートロン35ミリF2.8で、これに適当な凹レンズをつけてテレフォトにしてバックフォーカスを稼ぎ、ただ稼ぎ過ぎずに薄型を心がけて組み合わせを探っていくというやり方で製作。おかげで80ミリはいいとして、F8と位レンズになったものの、薄さでは市販のパンケーキにひけをとらず、市販品にはない中望遠というスペックに満足。、ただ、画面左側に収差がみられ、製作技術の甘さが見受けられるので、いずれ、新作にチャレンジしてみたいと思う今日この頃である。

Photo_125 ヘリコイドはオートロンのをそのまま利用、これにバルサでレバーをつけて操作し易くした

Photo_126 横からというか下からみた図。薄さが判っていただけるかと。

Photo_127 作例 まあまあシャープかな?

Photo_128 シーサー君もばっちり

Photo_129 こーゆーのを写すと破綻(画面上)がばれてしまふの

« 魚眼君DG | トップページ | パンケーキ2号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/4139715

この記事へのトラックバック一覧です: パンケーキレンズ:

« 魚眼君DG | トップページ | パンケーキ2号 »