« ケータイデジカメワイド化 | トップページ | フジノンレンズ移植forフォーサーズ »

2007年1月20日 (土)

ぼんやりレンズ

レンズ自作を始めて、初期の頃の作品。なので殆ど収差補正とかもできてないは、ヘリコイドも無駄にくりだしてるは、トホホな作品ではあるが、まぁ若気のいたりとでもいう一品。

レンズはニッコール35-70ミリF3.5ー4.5(FM-10の付属品だったので多分コシナ製)の後群をひっくり返したのが基本。これのレンズ間隔をいぢったり、前に凹レンズを軽くつけたり、前面絞りをつけたり・・・となんとかごまかして完成。

焦点距離35ミリF2.8くらいの・・・周辺ボケボケなレンズ。なので友人に「ぼんやりレンズ」の名をいただく。

Photo_162

Photo_163 一応パンケーキライクな厚さだが、ヘリコイドをかなり繰り出さないと無限遠がでない、無駄な作り!

Photo_164 作例 こういう絵だともろに周辺へもへもなのがよくわかる

Photo_165 作例 中央はまとも、四隅はへもい。フォーサーズに使えばごまかせるかも?

« ケータイデジカメワイド化 | トップページ | フジノンレンズ移植forフォーサーズ »

コメント

各社レンズカタログを見て思ったのですが、
ズームレンズでF2.8より明るいレンズは造れないのでしょうか。
それとも、どこぞの会社が出していますか?
需要がない??

性能、結像面の大きさ、ズーム比、コストの絡みで微妙なのでしょう。
現行品ではオリンパスのフォーサーズ用レンズで35ー100ミリF2というのがあります。フォーサーズ用だから出来たのでしょうけど・・・お値段は355000円とぶっちぎり。
35ミリ用だと現行品なのかなんだか不明ですがフランスのアンジェニー社の28-70ミリF2.7というレンズを新宿の中古屋でたまにみかけます・・・がこれも中古なのに10万円程度の相場でとても近寄れません。
タムロンがちょと前にだしてた20-40ミリというレンズのF値は2.7~3.5とこれまた微妙、こちらは中古で3万円程度でリーズナブルかもしれません。
更にテフノンという微妙なメーカーからは35ー70ミリF2.5~3.5というレンズも過去売られていて、これは中古と言うよりジャンク売場で割とみかけることがあり三千円程度で買えるので超お買い得。僕もペンタ用とニコン用持ってますが・・・F2.5ではそれほど明るいということも感じられず、普通のレンズですね。

フォーサーズよりも結像面の小さいコンデジだと、ちょと前に各社で採用されたキヤノン製のF2~2.5の三倍ズームが有名です。なんとか1/1.8インチCCDで500万画素まで対応していたし。オリンパスからもF1.8~2.6の3倍ズーム機があり、これは下落の激しい中古コンデジの中では異例の高値をキープしてたりします。
パナソニックからはF値は2.8だけど12倍なんてとんでもないズームレンズ機(FZ10とか)があったりもします。
更に結像面が小さく解像度もいらないビデオカムの世界だとF1.2ズームとかそーゆのまであったりします。
ということで色んなバランスですね。個人的には今のAPSサイズのデジ一用で標準2倍ズームF2とか10万円程度で作れるとは思うのですけどね?どちらかというと明るさより手ぶれ機能の方に開発がいっちゃってますから、難しいでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/5009843

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんやりレンズ:

« ケータイデジカメワイド化 | トップページ | フジノンレンズ移植forフォーサーズ »