« ミノルタ58ミリF1.2のフォーサーズマウント化 | トップページ | ローライジャンクの復活 »

2007年2月21日 (水)

105ミリF1.4

オリジナルは数年前の、レンズ自作の初期の頃の作品で、CAPA誌のドクスペに初掲載されたものであります。ATX340の対物を生かしてなんとか大口径レンズにしたてあげようと試行錯誤して、リアにマミヤ645用の80ミリF1.9ジャンクの後群を利用し、中間に適当にクローズアップレンズを入れて無限遠が出るよう調整、更に平行平板(MCふぃるたーとか)をかまして収差補正を試みた結構がんばった作品。

今回、引き出しから引っぱり出してきて、再度収差補正に挑戦、この作業はデジイチの時代となり格段に楽になりまして、5枚ほど挟まってた平行平板を3枚に減らすことに成功。

光源のある被写体だと心霊現象モワモワなのは相変わらずだけんども、それなりに性能アップした感じで復活とあいなりました。

Photo_172 ぱっとみ普通のレンズですが、かなり改造されております

Photo_173 作例 猫の毛並みもなんとか確認できるのでまぁ良しとしたいところ

Photo_174 作例 右下あたりがちょとやばいかも・・・

« ミノルタ58ミリF1.2のフォーサーズマウント化 | トップページ | ローライジャンクの復活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/5434882

この記事へのトラックバック一覧です: 105ミリF1.4:

« ミノルタ58ミリF1.2のフォーサーズマウント化 | トップページ | ローライジャンクの復活 »