« 超テレフォトレンズ | トップページ | さよならD100 »

2007年4月14日 (土)

実体顕微鏡用レンズ

会社で実体顕微鏡(立体に見える顕微鏡)を廃棄することになりまして、全部かっぱらうのは経理処理上問題があったので、こっそり対物レンズだけかっぱらい成功。そのままで写真レンズに使えそうな雰囲気だったので、素直に鏡筒を作って。レンズは対物側を写真レンズではCCD側にして(一眼レフのマクロ撮影テクの1つのリバース、と同じ理屈ですね)。これも会社で拾った実験用の絞り(より円形に誓く、開放が大口径)を最後尾につけて、かなりまともなレンズに仕上げてしまった。

スペックとしては105ミリF2となかなか豪気。写りは全く問題なし、収差補正OK、コーティングOK、さすがオリムパス純正!早くこれでポートレートを撮りたいものであるるの女はビゼーの作品。

Photo_190 薄い板金を使って鏡筒をまきまきして制作

Photo_191 作例 問題なし

Photo_192 作例 画面の均一性も秀逸

Photo_193 作例 近接撮影も、そのボケも問題なし!

« 超テレフォトレンズ | トップページ | さよならD100 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/6094768

この記事へのトラックバック一覧です: 実体顕微鏡用レンズ:

« 超テレフォトレンズ | トップページ | さよならD100 »