« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年10月19日 (金)

EXILM-S3-C

初期のエクシリムシリーズは、単焦点固定焦点のレンズとCCDが一体形になることで薄型を実現したデジカメで、メカシャッター機構も簡略化するためにプログレッシブCCDが使われている。スミアーや余計な迷光を防ぐ為の簡易シャッターなので写真の露出には関与せず、実質とっぱらってもかまわないものである。そしてS2,S3では1/1.8インチと大きめのCCDを搭載しているのも改造心を刺激してくれる。

今回は、EXILMーS3(300万画素)のCマウント化である。

改造といってもワイルドに、いきなりレンズ近傍のアルミバディを切れ目を入れて力づくではぎ取り、CCDとレンズユニットをそっと分離、XYZ調をしながらCマウントの雌(C-CSマウントアダプタ)を固定するだけというもの。もっともCCDが大きいので無理矢理1/2用のCマウントレンズをとりつけようとするためにxy調整が結構シビア、Z調も焦点距離が短いのでかなりシビア、シビシビであったが。

Photo CCD~マウント部、ここが肝!

Photo_2 レンズとりつけた外観

ちなみにレンズはCマウントとしてはレアなペンタ製、しかも8-48ミリ(F1.0ー1.2)という激明るいスペック!

画質はプログレCCDのせいかいまいち。200万画素に落として使ってまぁなんとかというレベル。とにかくザラザラノイズが多い。これを何とかし過ぎて暗部がベタになってしまったのが同時期の三洋のMZ系なのだろう。

残念ながら台湾製の300万画素CMOSデジの方が良好な画質が得られるので、まともなCマウントデジを作った方がよろしいかと。スキャン速度が遅くて像の歪みに撮影時常に気をつける必要があるが・・・

最新の1/2.5インチコダック製CMOSデジカメだとどうなるだろう、いずれはチャレンジしてみたいものである。

Cimg0012 作例:なぜかキヤノン

画質がいまいちなのはレンズよりも本体のせいっぽい。改造しなくても

ザラザラかつ解像度なしな画質だった。プログレCCDの宿命か

Cimg0023

作例: これは、まぁいい感じに写ってくれた例

Cimg0042 作例:アキドル有希ちゃん

うーんしらんでる。この辺はCマウントの問題か?

2007年10月 5日 (金)

コニミノは死なず

シーテック2007にて、でてくるカメラ関係の記事はソニーと松下のデジ一位だったけど・・・産業ブースに行くと、コニカミノルタブースが!コンデジ用のレンズユニットの展示が!どっかで見たようなレンズが!!!

Photo

18倍・・・CCD手ぶれシフト・・・オリンパスか富士かと噂されたレンズ、実はコニミノだったとさ。

Photo_2

10倍・・・CCDシフト・・・レンズ全長変わらず・・・ニコンのあれじゃん!ニコンもレンズを外注する時代け。

Photo_3

7倍の屈曲のCCDシフトといえばカシオのあれしかないですな。まぁカシオではしかたがないという所でしょうか。レンズによって(ブランドイメージとして)は正直にOEM元を公表してるメーカーだし。

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »