« DCC561 レビュー | トップページ | 標準ズームのワイド化 »

2008年2月29日 (金)

微妙に明るい望遠ズーム

ちょい昔は70~200ミリのズームで、明るさもF4とかF3.5で一定値、そこそこ明るく、かなり小型で、画質も優れていて、しかも安い(F2.8ズームの半値以下)レンズが、どのメーカーでもラインナップされていたものです。現在も僕のメイン望遠レンズはジャンク箱から拾い上げたRMC(30年位前の品か?)トキナー70~210F3.5だったりします。AF時代になってめっきり種類がへったものの、今回ビックのジャンク箱で発見したシグマ君は、75~200ミリとズーム比はちょい控えめながら、F値は200ミリで3.5、75ミリではなんと2.8というカッチョエエ逸品。カビ君が少々いたせいか1050円の激安。でも良くみるとこのカビは第一面のみなので簡単に拭き拭きできてノープロブレム。問題はこれがαマウントであったということだけ・・・ところがこれも、ラッキーなことにレンズ後群が移動しない光学系で絞りレバーの改造も簡単で、光学設計的にはユニバーサルなレンズメーカー製であるので、αマウントを剥ぎ取って、フランジバックを微調してFマウントを接着して、完成~。

Photo

実は微妙にフランジバックをしくじってしまって、ズーミングすると微妙のデフォーカスしてしまうのだけど・・・

写真左上の微妙なゴムが絞り調整レバー

Photo_2

F2.8ズームより半絞り暗いだけなのにこれだけ小型・・・すんばらしい

Photo_3 このF値がうっとり・・・

やー明るいレンズはやっぱいいのぉ。最近は暗いズームで手ぶれ補正が流行してるけど、それでは被写体ぶれはふせげません。同じ値段なら明るいレンズを開発してくれた方がいいと思うのは僕だけでしょうか?(その上でボディをペンタにしてCCD手ぶれ補正効かせれば、無敵ですけど。

Photo_4

作例 船岡咲ちゃんジャグリングデビュー。

こーゆー写真は手ぶれ補正レンズでは撮れません!

Photo_5

« DCC561 レビュー | トップページ | 標準ズームのワイド化 »

コメント

最近18-200・OS買ったんですけど一眼使うようになって初めてcmosにゴミついた。新品レンズって使い始めはゴミ出ることもあるのですか?製造工程のゴミが抜けきってないとか。

私も標準域では手振れ補正よりF2.8だと思います。でも手振れ補正もいいっすよ。私は補正オンにしてわざとシャッタースピードを遅くして、飛行機のプロペラのみブラせて躍動感のある絵を撮るとか、いろいろ楽しんでおります。

>レオン様
光学機器は基本クリーンルームで製造されてるから、外部のゴミでしょう。
これまでゴミがつかなかったのは単なる幸運かと・・・
あと焦点深度の関係で、より絞ったり、短焦点レンズを使うとよりゴミが目立つようになりますので、OSレンズはやや暗めのレンズですのでそれでこれまで付いてても気づかなかったゴミに気づいた、という事も考えられます。

手ぶれ補正か明るいレンズor高感度化はどちらも一長一短であり、レオンさんの言うように使いようですよね。
だから最近は、ボディ内手ぶれ補正カメラが気になってます・・・これだと明るいレンズ+手ぶれ補正できますからね・・・K20D買っちゃそうです・・・夏にちゃんとボーナスが出れば・・・その前に会社が存続してれば・・・・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/10839534

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙に明るい望遠ズーム:

« DCC561 レビュー | トップページ | 標準ズームのワイド化 »