« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月20日 (日)

キスデジのワイド化

シグマのSD15までが1.7倍、キヤノンも1.6倍の焦点距離換算で、他のメーカーの1.5倍よりはちょい広角に弱くなっているAPSサイズ撮像素子デジイチの世界。

そんなキスデジのFを中古で手に入れて、どんな改造しようか(最初から改造目的かよ!)と悩んでいると、廉価版のFゆえに、ミラーが小さかったり、ボディがプラスチックだったりということに気づいて、ミラーの前に緩い凸レンズを入れて、ワイド化に挑戦しよう、ということになり申した。

まずはマウントを取り外して、ボディをがりがりけずってフランジバックを電気接点に影響ない範囲へまで短くして。次には、ミラーやレンズのリア先端にぶつからず、ちゃんと無限遠がでる凸レンズを試行錯誤してみつけだして・・・完成。

なんとか1.5倍、一般的なAPSデジ一に改造完了。

Renzuiri

以下作例。レンズは18-55ミリISの純正レンズ。なおEF-Sなので実はリア側のレンズガードみたいなものとぶつかってしまったのですが、そのガードを排除することで使えるようになりました(良い子は真似しちゃだめだお)。一般的なEFレンズは問題ありません。

ワイド側の周辺画質が心配でしたが何とか及第かと。

Widecanon2

テレ側は全く問題ないかと

Widecanon1

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »