« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月27日 (水)

カシオの戦略

Photo

最近エクシリムのハイスピード連写街角スナップにこっているのだが、鳩が飛んでくるの様子を上手い具合に捕らえられて、良い感じやなぁとおもた。

最初、ハイスピードエクシリムが登場したときは、単に高速連写機能に特化したシリーズだと思っていたが、他社が高画質→撮像素子の面積としかしていないのに対し、時間軸を使って高画質化をはかるための布石であったかと最近になって思うようになった。

手ブレ補正、ガチの超解像(他社は基本画像処理の部分最適化)、ダイナミックレンジ拡大・・・

個人的には、そのうちシグマデジタルカメラ的なアレをやってしまうのではないか・・・と期待しているのだが、ハードルが高いかもしれない・・・

2011年7月14日 (木)

F710 Fマウント

ついにこの春でその命脈が途絶えた、スーパーCCDハニカム(なんて長い名前なんだ)ですが、個人的にはリアルフォトエンジンと合体してからの絵がどーしても好きになれなかったのですが、実はプログレッシブCCDだったということに気づいて、興味再燃。F10以前の機種でのレンズ交換カメラ化を企み・・・したらやっぱ孤高ハニカムの中でも更に孤高のSR(大きい画素と小さい画素の合成でダイナミックレンジをガチで拡大)しかないっしょ、ということでF710を改造。ただ、ズームエラーとかの検知システムがあるのでウカツにレンズを破壊すると動作しなくなるので・・・地味にレンズを鏡筒内部から破壊していき、センサーには触れないように・・・その為鏡筒は残存するのでバックフォーカスは長くならざるをえず、普通の一眼レフ用レンズ交換機となります。一番最後にはフォーカスレンズがあるのですが、これもうかつにいじると「フォーカスエラー」とか出てしまうので、レンズだけをけずりとって。あとはレンズリアキャップに穴を開けて、バックフォーカスあわせて固定。

Photo PENTAX Qの掲示板とかでよく言われている「なんで1/1.7インチ素子やないとや!」が、あっさり具現!!!

しかしSRというくせのある素子のせいか、露出がブロードで、AEは勿論使えず、マニュアルでも通常の3倍位シャッター速度を動かさないと適正露出が得られない状態。ファインピックス4900Zで事前実験したときはクセは確かにあったけど、ここまでひどくなかったのでSR独自の問題かと。でも、絵は、さすがSRという感じで問題なし!

Photo_2

F710

2011年7月11日 (月)

PENTAX Q体験イベント

・・・・まぁある意味、究極のコンデジなのかと。1/2.3インチ撮像素子でどこまで大型撮像素子カメラに迫れるかのトライアルかと。その意味では近々同じ釜の飯を食うことになるGRデジタルとはコンセプトが同じなのかも。

レンズ性能を主体にアプローチしているという点でもGRデジタルに近いかと。

だからせっかくの高速動作撮像素子なのに、他社がやっている連写を活用した画質向上技術は盛り込まれていないし、連写性能も秒5コマで5枚まで・・・と微妙な所。電池寿命もストロボオフで250枚とこれまたコンデジ仕様。

コンデジ用の撮像素子を使ってもっと根本的な画質改善という手段は幾つか考えられるが、そーゆーのをやらないのが、ペンタックスらしいというか、頑固というか。

その割にはトイレンズと称している群が、これまた中途半端で、正直、標準レンズと標準ズームだけで間に合ってしまうようなしょぼさ。もしくはCマウントレンズの方がよほどトイというかユニークなレンズがあるので転用したいところ。

現状公表されているラインナップの次にでてくるのは望遠系というこれまた何だか微妙なところ。ビューファインダーのないこの手のカメラはやはり広角側が充実して欲しいような。

まぁ企画が、微妙なんだろうなぁと思う。過去のコンデジのラインナップや、デジイチの型番の不連続性とかみてもそんな気がする。

そーいえば、体験フェアは新宿というカメラの街で行われたが、高島屋1Fということで、多分人少ないだろうなぁと思ったら、やはりその通りで。本来整理券が必要なコーナーも無しで待たずに入れたり。新宿に行くカメラ人類がどの辺を徘徊しているか知っていれば絶対にこんな場所で開催するはずはないのだが?この辺宣伝部も、微妙なんだろうなぁと思ったりして。

さぁ、そんなQちゃん、HOYA所属ペンタックスとして最後の一花咲かせられるか???

8月31日発売!

0q1 先週、アキバで開かれたオリンパスと比べると人出があまりに・・・ここはハンズか高島屋かJRAに行く人しか来ないよな・・・何で西口でひらかなかったんだろう?

0q2 自家製、超小型レンズ交換(auto110のマウント)カメラと並べて。何とか大きさでは勝っているぜよ!!!画質は雲底の差ではあるけれど・・・

0q3 原寸大パンフ・・・ほぼカードサイズ。これならもう少し無駄を排除してガチカードサイズにした方がカッチョ良かったかも???

でもこれ下のカード(都営交通一日券)で宣伝すると面白いかも発売前~発売日一週間限定で。8月31日の刻印のあるものはもうプレミアものさ???

2011年7月 4日 (月)

何でモノクロ専用デジタルカメラって無いのだらう?

銀塩の世界では未だに根強くモノクロフィルム残っているのに。

Cマウントとか業務用のカメラだとモノクロが存在しているのに。

いわゆるデジタルスチルカメラでモノクロ専用って記憶にないのですが?

「モノクロ万歳」と言う人たちはどうしてモノクロ専用デジタルカメラを要求しないのだろう?

デジタルだと簡単にカラー画像をモノクロにできるから?

でも専用の方が、カラーモザイクフィルターが無い分、感度が大雑把に約3倍、リアル総画素数(カラーはR+G+Bの合計で、上手く補間して総画素数のRGBにしている)、偽色がないからローパスフィルターもいらない・・・・

と考えていたらシグマのデジカメじゃん!

3層の出力を単純に足し算してモノクロ出力すればいいだけじゃん!

これはモノクロカメラとして最強なのでは?と思ったんすけどね・・・

D90のモノクロモードとDP1のモノクロモードを比べてみると・・・D90の圧勝・・・なんで?

これがD90の6MピクセルISO400、レンズはトキナーの16.5-135ミリの28ミリ相当F4、全体画像の縮小

Photo

次がシグマのDP1、ISO400、F4、4Mピクセル・・・まぁ同じ条件

Photo_2 この状態ですでにDP1の方はあまあまなんすけど・・・

ゴミ箱の部分を切り取った原寸、まずはD90

Photo_3 で、DP1・・・うわーーーデータの計算が何か変(カラーを元にしているのかと)なんだろうな・・・

Photo_4

今の価格超下落の時代、モノクロ専用コンデジとか合ってもいいと思うのですが?

待てよ、こーゆー所にこそ、GXRの登場ではないのか?モノクロ専用ユニットとか。

あ・・・でもペンタックスと合併で何がどーなるかわからないから、難しいやね・・・

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »