« カメラ雑誌10月号事情 | トップページ | PRって何や?広告か記事か明確にせい! »

2011年10月12日 (水)

マルチーズMZ2Fマウント・AF

ペンタックスのH90Kマウント改造機をきっかけに、リアのフォーカス部を残存させればAF化できる!ときづいたので即実行。

レンズ部をぎりぎりまでばらし、Fマウントのメスをとりつけ、とりあえず完成!

Cimg1145Mz 

と思ったらなんか片ボケ写真連発。内部をよくみると、フォーカスレンズのZ方向のシャフトが手前側宙に浮いた状態でふらふら、これでフォーカシング時にフォーカスレンズがななめってしまったようで。シャフトを固定しなんとか完成。

バックフォーカスに余裕があるので凸レンズぶちこんでさらなる縮小化を図ろうかとも試したけれど、どうも画質的にいまいちで。というかリアにフォーカス系レンズ(凸一枚)があるででもだいぶ周辺が荒れるのでパス。それ以前にプログレCCDということで大きめのCCDでありながら画質はいまいちだったし。

Tnk Mcz2 現代のCMOSコンデジに通じる基礎技術を用いながら、微妙なデジカメであったということか。そしてレンズを新しくし、動作を全体に高速にしたMZ3をもって、このプログレシリーズは終焉を迎えたのであった。

« カメラ雑誌10月号事情 | トップページ | PRって何や?広告か記事か明確にせい! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/42476560

この記事へのトラックバック一覧です: マルチーズMZ2Fマウント・AF:

« カメラ雑誌10月号事情 | トップページ | PRって何や?広告か記事か明確にせい! »