« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

巨大DVカム NV-DJ1



ジャンク市で500円ぽっきりで買ってきた、パナのDVカムコーダー。ネットでぐぐってもあまり情報がでてこないなぁと思ったら発売が1995年、パナとしては初DV機だそうで、インターネット上にそりゃ資料は少ないわな。94年にソニーから世界初のDV機DCR-VX1000が発売され、こちらは仕事上色々いぢくって(分解して)いてなじみがあったのだが、パナのはいまいち記憶になかった・・・が何、この異形は?

Photo

ファインダーを上向きにすると、こんな感じに。アイレベルが長いのでかなり目を離しても見ることがでける。Photo_4
ほーらこんな感じさ。Photo_7

昔のビデオカムコーダー(液晶モニタなし、レンズ筐体やファインダー筐体がむき出しなデザイン)としては普通のデザインぽいのだが、とにかくでかくVX1000と同じくらい、ただあちらは業務用カメラの形をしていたので、その大きさでも違和感なし。特に変態的に太いビューファインダーは印象的で、そもそもは解体様に買ってきたのだが、ちょっと惜しくなってきた。DVテープ開閉蓋内に電池ボックスがあるのもなかなか異例で、そして、そのバッテリーBOXの形や、端子位置が・・・なんかどっかで見覚えのあるような・・・

ゾニーのインフォリチウムのLタイプを押し込むと(ちょっと強引に)、見事に電源オンしたぜベイベー!ちょっと無理矢理なので、内部の邪魔な突起をグランドしてすっと入るようにして・・・リチウム電池の互換性ってのは結構あれこれあるのだけど、まさかゾニーとパナで互換性がある機種があるとは・・・びっくらこきまろ。

Photo_5

3CCD,光学10倍ズーム、電子手振れ補正、あれやこれやとあるけれど・・・

現実の性能はこんな小さいもの(ビクターの1メガピクセル単板機、12倍ズーム)にすべて負けてしまうという・・・機械の進歩とはおそろしいものよのぉ。Photo_8

ちなみにレンズは鏡筒からごっついものを想像してしまうけど・・・大したことはないっす。

Photo_9

全体のデザイン上の問題でしょうね。3CCD対応のレンズなのでバックフォーカスが長いはずで、色々遊べるはずなのですが・・・何となく解体するには惜しいっす。

何というか・・・Ipodの機能しかないくせに大きさはIpadなパチモン・・・的な味わいのあるカムコーダーでござる。

2011年11月26日 (土)

prideの無いカタログ

最近のSONYのデジタル一眼系のカタログの構成。

A4横綴じ、本編20ページ。中綴じでB5の作例写真8ページ。

前半は、こそばゆい感じのキーワードでかっこつけ

ぬこんの1のカタログ構成 全く同上・・・

おそらくは外注して、その外注先が同じで、なめられて同じ物を作ってこられたかと。

「写真」というクリエイティブな作業に用いるカメラだから昔からカメラカタログてのはかなり

凝った構成だったものだが・・・

てか競合機種と瓜二つのカタログってマヌケすぎるのですが。

表紙の絵柄すらそっくり・・・

Ktarog1
こじゃれた言葉でお茶を濁して・・・Kat2_4

中綴じも・・・Kata3_2

追記

おしゃれなモデルさんがカメラライフを楽しんでいるという小冊子もαと同様のものが存在。あーあー何やってんだか

Nikoaru

2011年11月20日 (日)

F710FAF

なんかFだらけのタイトルですが・・・

フジのファインピックスF710をFマウントミラーレス一眼化して、リアのフォーカス系凸レンズを残存させてAF動作を可能にした・・・という改造です。

更にフランジバックにちょい余裕があったので縮小系として凸レンズを一枚追加して、いわゆる35ミリ版換算で約四倍というマイルドさを確保。

ふっ、またまたPENTAX Qに買ったぜ!という感じ(笑)

スーパーCCDハニカムⅣ SRなのでダイナミックレンジは余裕で広いし。

F710af

F710Fのプロトタイプ(下)とF710FAF(上)レンズがきらっ!

Hikaku

F710FAFのサンプル画像(手振れはゆるしてね)Newtype

F710Fプロトタイプのサンプル画像(画角がAFより狭くなっていて、リア凸レンズが有効に働いていることがわかるっちゃ)Oldtype


« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »