« たまにはディザ広告風に | トップページ | オリンパスOM-D予想(1月21日現在) »

2012年1月20日 (金)

コダックのカメラ

まだ、レビューできるほどいぢってないのですが、昨日の米コダックの激震情報があったので・・・

台北でげっとしてきた、Z990、もしかするとコダックの最後のハイエンドコンデジとなるのかも???

30倍ズーム(多分オリンパス製)

EVF付のいわゆるネオ一眼タイプ

光学手振れ補正付

そして・・・・1200万画素 B.S.I. CMOS 採用!!!!Image6


海外製にもつひに裏面入射CMOSの時代がきたか!と飛びついたのですが、さてさてコダック最後の高級機とならなければよいのですが。

高感度画質はISO800まではEXMORR採用国内機と同レベルかなぁという感じで。1600以上だとボロボロになり度が加速する感じで。

ISO800にて撮影、下は比較のためカシオのRZ100の画像

Saku
Zr100de

でもISO400が実用の限界なような。で手振れ補正の具合は日本産より一段位おちるかなぁと。

高速連射は5コマ/秒、10コマ/秒があるけれど、5枚モードでは5枚撮ると10秒位フリーズ。つかえねー!通常連写コマ一秒位だけどこれも10枚くらいとるとペースが落ちてくるし。

HDRや連写合成系モードでは失敗率が高いし、ちょっとでも画面がずれると「失敗でーす」と表示される。

そして何より問題なのが操作系で、ライブビューで情報画面をだすと、かなり情報+サブメニュー的画面が表示されてかなりうざく、しかも情報表示部である画面上下が暗くなるというさらに厄介な使用。

いわゆるメニューボタンはなく、何かをいじりたければこの情報表示画面にてメニュー項目を移動し、OKを押し、ダイヤルか左右ボタンで設定を変えて・・・とかなり面倒。フィルムモードはなぜか独立ボタンで、カラー3種モノクロ3種とよくわからないバランス。しかも一度フィルムモードに入るとぬけだせない、フィルムシュミレーションしかできなくなりシャープネスとかの設定がいじれなくなる。これを解除するには、露出モードを変えるとか電源を切るとか、面倒くさいことをしないといけない。こまったもんである・・・

もっともゾニーのネオ一眼系の最新機種を本日いぢり倒す機会があったけど、これも操作性ひどくて、感度設定が露出設定の中に含まれているという勘弁してくれよ的メニュー。

NEX以降のソニーのメニュー系はだめだめだが、改善しようという声は内外からでないのだろうか?

Saku2


まぁ、値段が8GBのSDHCと電圧変換アダプターがついて9000元=約23000円だから文句はないが。


« たまにはディザ広告風に | トップページ | オリンパスOM-D予想(1月21日現在) »

コメント

左脳右脳さん初めまして。銀塩派のボクとしては、コダックよ、おまえもか!です。それはおいといて、連絡遅れてすんません。やっとネットにつながる電話機(PHSですが)を手にしたもんで…京セラのスリムT、いります?

>8月の砂時計様

初めまして・・・・
でも

「連絡おくれてすんません」

でも・・・こちらも・・・正直に書きますと、なんか記憶に残っているHNなのですがどーしても思い出せません。
どこらへんで僕と接点のあった方でしょうか?

最近の日本の製造業の発表をみてると、「コダックよ、お前もか」とか言ってる雰囲気ではないですよね(涙)

ああ、失礼いたしました。CAPA誌2010年5月号に、コンパクトカメラのレンズを摘出してデジカメで使っているという左脳右脳さんの記事の中に、スリムTを探してると載っていたので、同誌2010年7月号の142ページに「スリムTいります?」という投稿を載せてもらったんですね。で、ボクの連絡先が載らない(あたりまえ)のでそのままになっているもんだと思っていたんです。んで、左脳右脳さんに直でお話ができるようになったんで書き込みをしたんです。メールアドレス出ていればメール下さい。スリムT(ジャンク品)、お送りします。いります?

>8月の砂時計様

なるほどカメラ誌がらみでしたか。まぁあの手の改造は遊びみたいなものですので、ジャンク売り場とかで巡り合った時が勝負!ですので、お手数かけていただかなくても大丈夫です。実際スリムT以前のテッサーコンパクトカメラには何度か巡り合っているのですがいまいち触手が動かず入手にいたっておりません。
どちらかというと最近は、レンズ固定のレンジファインダー機のレンズが気になるこのごろです。

OKです。ボクがGETしたスリムT、AFがたまにはずれるのと、上部の液晶が欠けてきたんで使ってもらおうかと思いまして…返事が聞けてヨカッタっす。

>8月の砂時計様

京セラ系コンタックスって液晶がすぐ駄目になりますよね。TVSでジャンク扱いの品はほとんど液晶表示の故障だし。
ナノクリスタルコーティングだのSWCだの、サブ波長構造のコーティングがブイブイいわせている中、T*で頑張るコンタックスレンズ、実際のところの差はどーなんだろうか?と思ったりしますが、昔のカメラ雑誌だったら気合いれてテストしてくれていたのでしょうけど、今の広告主第一主義ではやってくれへんでしょうなぁ・・・

昔、よく各誌で『慣れると使いやすい』という表記を使ってましたけど、コレ、体のいい逃げ言葉ですからね。慣れなければ一生使いづらいんですから。やってくれへんやろなぁ。

>8月の砂時計様

画質とかはいいけど操作性がだめすぎてお蔵入り・・・というカメラは多々ありますね。
特に最近はタッチパネル式のコンデジ。
普通に右手でグリップすると、親指が画面にどうしても触ってしまい、普通のコンデジだと画面がみえにくくなるだけですが、タッチパネル式だとなんかの操作をしてしまうことになります。さらに、指で触れる程度の大きさのメニュー項目がだーっと並ぶのでライブビューが非常にみにくくなって。

でも最近ぶっちぎりの第一位はニコンのJ1でのマニュアル露出設定ですかね。説明書には書いてないし(紙の説明書は簡易バージョンで本編はCDROMに・・・この時点でうぜーって感じですが)。ほとんど知能テストみたいな所でシャッター時間設定ですので、ぜひ店頭ででもチャレンジしてみてください。
まぁ銀塩時代からF50とかF70とか伝説的な操作性のすごいカメラ作ってたメーカーですから・・・

どこかのイラストで見たんですけど、家電製品を買ったら取説がCDROMで、見られる機材がないんで使い方が分からない、なんてのがありましてね。原発問題で大変な状況なのに、電気を使って取説を見ろとは何事じゃ!です。ボクも見る事ができないんで、大変です。まぁ、買いませんけど…
ボク、ニコンって、偉そうなこと言ってる割には大したことやってない、という印象をずっと持っています。F80Sは気に入って使っていますが…左脳右脳さんがニコンユーザーだったらすんません。

>8月の砂時計様

ニコンも・・・企画がアホなのでしょう。J1も画質は良いのですが(まだ色々テスト中ですが、高感度画質(ISO1600あたり)だと、オリンパスの現行世代機より良いような気がしております)、操作性やら説明書なしやら、拡張性のなさやらでスポイルされてしまって、今や32000円前後(10-30ミリズーム付)。ペンタのQよりも安くなってますからね。
不変のFマウントとやらも、現在はモーター内蔵のGレンズでないと、取り付けはできるけどあとは全部マニュアルね、状態だし。

では、他社はというと、客を実験台にしているようなCさんとか、純粋な一眼レフはもう期待できないSさん、存在自体が微妙なPさん、癖の強すぎるSGさん、マイクロフォーサーズはやはり画質で一歩遅れてるし・・・実はみなさん、様々な妥協のうえでメインシステムを選らんで構築されているのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/43817264

この記事へのトラックバック一覧です: コダックのカメラ:

« たまにはディザ広告風に | トップページ | オリンパスOM-D予想(1月21日現在) »