« ISO1600比較回答編 | トップページ | 左脳右脳商店開店 »

2012年3月29日 (木)

ライカ大丸東京駅店

3月14日に開店したそうで・・・

やはり市場では高級機路線が生き残る道なのだろうか???

それよりなにより、ここにミニルックスを持ち込むと例の悪名高いE-02エラーを解消してくれるのだろうか?それとも相変わらずドイツ送りなのだろうか(メイドインジャパンなのに・・・)

外からの強力な電場により回路がいかれてどーのこーのと噂されているが、自分が実際みた感じでは、シャッターは微妙に動いているので、メカ的なエラーのような気がする。大体ほぼ全身を金属でカバーされているのに外部電場やら磁場やらで回路がやられるとは考えにくいっす。

修理にチャレンジしたものの、レンズの無駄に強力な接着にはばまれ断念。レンズユニットだけとりだして強引に分解してみると・・・やっぱ、なんかひっかかりを外したらシャッターはさくさく(手動で)動くようになった。

きっとシャッターユニット交換なら安くつくけど、分解もままならないからレンズユニット全部交換で修理料金が高かったのだろうなぁと邪推。

ま、いっか。基本、高価すぎてライカワールドは縁のない世界だし・・・

Photo

« ISO1600比較回答編 | トップページ | 左脳右脳商店開店 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/44671525

この記事へのトラックバック一覧です: ライカ大丸東京駅店:

» 東京駅、開業時の姿がお目見え 赤れんが駅舎3年半ぶり [ローカルニュースの旅]
東京駅丸の内駅舎を1914(大正3)年の開業時の姿に戻す工事が終盤を迎えている。1日には外側を覆っていた工事用のシートや足場が撤去され、3年半ぶりに赤れんがの外壁が姿を現した。 [続きを読む]

« ISO1600比較回答編 | トップページ | 左脳右脳商店開店 »