« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

nikon スイベル コンプリ

いつの間にか、ニコンのスイベルカメラがコンプリしておりました。

Suuisu


900:nikonとしては元祖スイベル、かつ民生向けコンデジの本格的なものの一号機

910:900の改良版

950:いわずとしれた銘記。画質的にも使い勝手的にも、実用に耐えうるものとして長らく    

    高評価でした

990:950の300万画素バージョン・・・というには微妙なポジションのカメラ

995:300万画素だけど、CCDを新型にし(感度で一段分高くなったとか)、ズームも3倍か 

    ら4倍に、電池も単三4本からリチウムイオンに、と大変革の機種

    がボディの質感が安っぽいと、酷評される

4500:型番が一気に変わり、400万画素になり、デザインがシャープになった・・・以外は

     995と同等?不思議な当時の流れで液晶モニタが小さくなり、ぶっちゃけとても使

     いにくくなってしまいました。

別系列で、インナースイベルというのが登場し

2500:当時としてはスイベルでなくても小型であり、レンズカバー等もいらず、便利なカメ   

     ラでした、が感度がオートのみだったり、ストロボが電源きるとオートにリセットされ

     たり、とnikonらしくない(ある意味nikonらしいかも・・・)カメラ

3500:本気で、2500のCCDを200万画素→300万画素にしただけと思われる手抜きモ

     デル

SQ:デザイン最優先・・・Zガンダムのアッシマーを思いだしてしまうような不思議なカメラ

   画質や操作系や不便さは2500を引きずり・・・一機種で消えてしまいました。

そして間があいて、Sシリーズ!

S1:突然10倍ズームになって復活。単三2本動作というのも渋かったり。ただ10倍ズーム

  で手振れ補正がないのが痛かった・・・

S10:ということで手振れ補正がついて、リチウム電池になって、個人的にはいまでもこれ

   は実用機。沈胴式ズームでないので、テレ側でもF3.5と神のような明るさだし。

   これに裏面CMOS搭載して、ズーム倍率はがんばらなくていいから、F2.8一定で12

   倍、28ミリ相当から、とかいうのが出来てくれると即買いなんだけどなぁ・・・

2012年7月30日 (月)

12-36ミリ マイクロフォーサーズ用レンズ製作

nikon1システム、1インチ撮像素子、当然4/3インチのマイクロフォーサーズに流用できそう・・・ということで最初から目をつけていました。

10-30ミリがそのまま転用できるなら35ミリ版換算で20-60ミリの超ワイド~標準を含むスーパー常用レンズとなるのですもの。

が、現実は甘くなく、当然Bfもイメージサークルも足りず、オヤクソクのリアに凹入れて誤魔化すことになりました。

が、更に現実は甘くなく、一枚では画質的に微妙で、凸凹2群2枚の凹系でなんとか、11-33ミリとなりました(3:2アスペクト限定、4:3では四隅けられ)

が、更に更に現実は甘くなく、もともとは電子フォーカス駆動なので、改造レンズは全群繰り出しフォーカシングにしたらば、インナーフォーカスの魔術にかかり、テレ側で無限遠がでないという状態になっておったですだよ。

・・・・色々考えて、ズームであることを捨てました。リア凹群の凹を緩め、その分を10-30ミリレンズ再後群にゆるーい凹を貼り付け、全体のつじつまあわせ。ズームするとゆる凹も一緒に移動するのでズームでなくバリフォーカルになるのだけど、もともとの全群繰り出し機構がユルアマなので、焦点距離変えたら再フォーカスは必至なので差異はなし!

なんやかやで12-36ミリズームの完成888888888

1zzm


1zzzzzm


画質がやっぱり微妙で、でも超ワイドだから許しちゃおうかな・・・と思ったら

やっぱり現実は甘くなく、マイクロフォーサーズ純正の14-45ミリレンズに×0.8ワイコンを装着した方が全然高画質だったりして・・・とほほ。

レンズのサイズでは圧倒的に小さくなるのだけど。リア凹群をもう少し複雑にすれば画質向上もできるかもしれないけれど、バックフォーカス的に無理だし・・・専用の非球面凹レンズをどっか作ってくれないかなぁ(笑)

ワイド側はこんな感じ・・・うーんソフトフォーカス(笑)12waidsaku

テレ側はこんな程度でなんとか・・・
Teresakua_4

SHV、とな?

SHV

スーパーハイビジョン の略。なんか似たような語呂の言葉があったような・・・

スーパーサイヤジン  !!!!つまり今は3000万画素だけど、どんどん画素数うpして

SHV2とかSHV3・・・とかヒュージョンとか色々出てくるのだろうか?

しかし、現状スチルカメラでも3000万画素なんてのは数えるほどしかないのに、そんなんパソコンに取り込むだけでCPU泡吹くのに。てか4Kはすっとばしか?3Dは?

テレビ産業は、どんどん迷宮に迷い込んでいくようだ・・・

Svh

2012年7月27日 (金)

ネタ的価格

絶対これは、ウケを狙った価格設定!

でも、それで最安値なのだから、まぁええわ

Photo

2012年7月16日 (月)

まさかのCマウントカメラby三洋???

ジャンクで見つけたのですが・・・素直にビデオカメラでした。しかもビデオレコーダーは別体。

電源もビデオレコーダーからのケーブル供給ということで・・・面倒くさいので試験始動さえやってないっす。

でもこのスタイル、どーみてもスチルの一眼レフカメラだよなぁ・・・

そーいえばケンコーのCマウントミラーレス機ってどこに消えてしまったんだらう?

Photo
ビューファインダー・・・のレンズがとれとる、さすがジャンク!

Photo_2

2012年7月12日 (木)

50ミリF1.2 500円ぽっきり

まぁ、ジャンクなんすけどね、プロジェクター用の投影レンズなんすけどね、ヘリコもマウントも絞りもなんもないんすけどね、とにかく光学的には美品が500円で。

プロジェクター用ということで色々あって、バックフォーカスが短かったり、イメージサークルが小さかったり(まさか110フィルム用プロジェクターレンズ???)、そんな時に落ち着く先はおなじみのマイクロフォーサーズカメラ。

100均懐中電灯利用ヘリコイドにマウントつけて、ささっと完成。

うん、明るいレンズは正義だ!

Photo

東京なら街灯の灯りだけで、ISO800で、余裕だぜ

P1110520




2012年7月 6日 (金)

コンデジワイコン再び

昔ルミックスのFX40系(25ミリ相当~5倍ズームレンズ)用に作ったワイコンをIXYのF410(24ミリ~5倍)用にリニューアル、更に広角が得られるようになりますた。

使わないときは巾着の中に。全く邪魔になりません。レンズが汚れたら巾着で拭いてごまかせるし。Kincahku

Waiwawi_3


巾着からだして、ゴムですぽっ。簡単簡単。まぁ小型な分、ワイドエンドコンバージョンなんすけど、そもそもコンバージョンレンズなんて全域で動作する必要はないわけで・・・

Waiwawi_4

とりあえず、カメラ単体で24ミリ相当の画

Www24

ワイコンつけますた、ざっと21ミリ位でしょうか?

Wiconnn_3
歪曲は・・・当然増えるけど、この程度、コンデジ中期(500万画素とかの頃)の標準域のズームレンズと比べても少ない位。

Wikyoku

専用のワイコンで、歪曲補正してもらえるようなシステム作ってもらえるとありがたいんだけどね・・・今の硬直した日本のカメラ業界では無理でしょうなぁ・・・









12-60ミリをニコンにもコンパチで

今や過去のものとなりつつある、フォーサーズマウント(金さえあれば良いレンズがずらっとそろっているのだけど・・・)。APSCデジ一陣営がうらやむのが12-60ミリ(35ミリ換算24-120)なのにF値は2.8-4!中古相場も5~6万円とそこそこリーズナブル!

で、最近5万円の下の方で出物を見つけてゲット!

マイクロフォーサーズカメラでは・・・画質はいいけどAFは迷うのが難点!

さてさて、フォーサーズマウントは何気にnikonのFマウントに結構形が似ていて、ちょいちょいとミニターで削り込むと、なんとか装着できるようになります。

もちろんフランジバックが異なるので無限遠がでません。フォーサーズレンズは電子フォーカスリング搭載が多いのでそれ以前の問題だったのですが、この12-60はマニュアルフォーカスリングでありんす。フランジバックというかリアにテレコンをうまく仕込めばFマウントでも使えるざんす。

ということで、ちょいづけのテレコンを試行錯誤して作り、着脱可能にしてみました。これでFマウントでも使えるし、マイクロフォーサーズでも使える夢のコンパチレンズ・・・あ、フォーサーズ機でも使えるか(笑)

でけー!D5000に着けても迫力あるがぜよ!

Nukon

これがコンパチの秘密!何よりミラー干渉で苦労しました凸と凹一枚づつ使用

Photo

14-70(F3.5-F4.5)ミリ位のレンズになりました。

Dsc_1079


Dsc_9949


ぶっちゃけ、画質はあまあまなんすけどね・・・強引にコンパチマウントにしたためリアテレコンに制限があったからさ!と言い訳。

35ミリ換算で21-105ミリと、アリエナイ超広角~標準ズームなんだから許してちょ!

てか、ともかくイメージサークルは確保できることが分かったのだから、NEX用とかにガチでテレコン付アダプターを設計すれば、かなりいい線いくかと・・・

2012年7月 3日 (火)

9-36ミリど明るいレンズ

オリンパスの正真正銘デジタル一眼レフのE-10、E-20には、9-36ミリF2.0~F2.4というすんごい明るいレンズが搭載されておりました。最近の、「広角側は明るいけどテレ側は普通~」なダボ高級コンデジ群とは一線を画します。手振れや被写体ぶれに明るさが影響が強いのはテレ側だし、ボケ味についてもテレ側の明るさの方が重要であるのに。その辺はどのメーカーもしらんぷりんこ。

この辺真面目に頑張ったのは、フジのX-10(テレ側F2.8)とオリンパスのXZ-1(テレ側F2.5)、パナのLX5(テレ側F3.3)位でしょうか?(他にもあったらごめんなさい)。昔だとOEMで使われまくったキヤノンレンズ(カールなんとかやライカなんとかの名前で堂々使ってるメーカーもあったような・でこれまたバカライターが、「レンズにライカの味がでてる」とか書いてたりして笑えるのだけど)のF2.0~F2.5の3倍ズームなんてのもありましたが。

変わったところではペンタックスのVS20がテレ側でF4.8と気合入ってたりしますが・・・F4.8って明るくねーじゃんと思われる方もおいででしょうが、このレンズ20倍ズーム!焦点距離560ミリ相当でのF4.8ですから。その分でかいし、裏面CMOSでないから高感度には弱く手振れ対策としてはいまいちな気もするし、この微妙さがペンタックスなんすけど・・・

さて、話をもとにもどしてE-20のジャンクを手に入れまして、このレンズが上にも書いたように

①ゲロ明るい

②一眼レフ(キューブプリズムで光を分岐)なのでバックフォーカスが長め

③マニュアルズーム

④2/3インチCCD対応

これはもう、レンズだけ取りだして・・・交換レンズにヤッチマイナーと天のお告げみたいな感じで、即分解。最初は、ニコンのJ1用にと改造(リアにゆるい凹レンズ入れた)のだけど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・さすが問題だらけのニコン1システム!

MFでの画面拡大もできず、デジタルズームもできず、測距センサーもお休み、露出もマニュアルのみ・・・

ということで素直にマイクロフォーサーズ用に再改造しました。さすがに撮像素子がイメージサークルよりかなりでかくなるので、EZズームで使うことを前提にして。リアに凸凹一枚づつの凹系作って。さすがに明るいレンズなので、収差増大となるのでリアの構成には試行錯誤を繰り返しましたが、ワイド側はソフトレンズ~な感じになってしまいました。

焦点距離12ミリ~48ミリ(F2.5~F3.0)位と明るい広角なのだけどEZでないとけられるので、35ミリ換算だと30-120ミリ位のレンズとなりました。が明るさはそのままなので結構ナイスかも?

936dazeリアの光学系追加分はこんな感じでRiakonz


ワイド作例

936w


テレ作例

936t

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »