« 植田正治写真美術館に行ってきました | トップページ | 3CCDデジタルフォトカメラ »

2012年10月18日 (木)

IMPSSIBLE INSTANT LABのパクリじゃなくってよ

ポラロイドフィルムの製造を復活させたメーカーが、ポラにIフォンの液晶画面の写真を写しだそうというやや面白いブツを最近、造ろうと寄付を募集していたのが、最近目標に達したそうで・・・

でもまぁ、こんなもんに資金援助もあったもんではないのだが、と思う筆者は、数年前から同じ仕組みのものは考えていて、2年位前にある程度試作してほったらかしにしていたり。

だからと言って「オレ偉い」と威張れるほどでもなく、理系でオシロスコープの画面を撮影するアクメルのオシロポラカメラを使ったことのある人間なら苦も無く思いつくアイデア。

Akumeru筆者の場合はPIVIの代替として、ワンショットですぐにプリントアウトできるという事に主眼を置いていたのだが、露出が難しく、チェキは外光露出計だし、やたらストロボ炊きやがるし、マニュアル露出のチェキでもない限りはまともな露光ができなくて、それでも長時間シャッターの切れるチェキ30に巡り合い、強引にストロボ光を封印してなんとか。

ただ、写される側のモニタ・カメラをどうするのか、で行き詰ったというか、日進月歩で持ち歩きカメラが変わる人間だし・・・どうしようかということで面倒くさくなって放置していたのを、IILの記事をみてとりあえず一応の形にしてみやした。

改造~なんていう大層なものではなく、ストロボ部をてってき的に遮光、近接マクロ撮影となるので程よい凸レンズを一枚追加、その撮影距離にモニタがおけるようにタワーをつけて、そこにとりあえずエクシリムZR100をのせてパシャリ。てな感じです。

Mkro

横から見るとYko_4カメラをのせてぱしゃり
Sttton_3
仕上がりはこんな感じで
Uturi_2



« 植田正治写真美術館に行ってきました | トップページ | 3CCDデジタルフォトカメラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/47488189

この記事へのトラックバック一覧です: IMPSSIBLE INSTANT LABのパクリじゃなくってよ:

« 植田正治写真美術館に行ってきました | トップページ | 3CCDデジタルフォトカメラ »