« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月16日 (水)

極私的、備忘録

デジ一の1000万画素CCD機はISO400でも暗部ノイズがつらい・・・600万画素機の方が優秀なり

F10以降のリアルフォトエンジン採用のファインピックスで頭髪がヘルメットになることは裏面CMOSになっても、画質パラメーターがいぢれる機種でもだめぽ。

普通のCCDの時代から他社とはカラー配列が違っいて、次にハニカムが来て、一瞬ハニカムSRなんてのがあった、そしてEXR配列が来て、そしてX-Trans。ここまで落ち着きのないメーカーも珍しい。意欲的ととるべきか、定見なしとみるか。

ソニーのRX100・・・だめぽ。画質とかは当然よいのだろうけど、液晶モニタの情報表示がひどすぎ、NEX初期のものと同じく、画面の1/3位をおおってしまっている。写真撮る人が作ってないのだろうなやはり・・・

デジカメwatchへのツィート、ほぼシカトされ状態。誤記とか評価の明らかな誤りを指摘しているだけなのだけど・・・あ、だからか。紹介したモノを批判するのは問題ないけど(ステマ記事のぞく)、書いてある内容を批判すると編集やライターのプライドが傷つくからか。所詮ネットも大手はマスゴミなのね。

そーいえばCESみたソニーのコンデジのWX60の記事で広角端を28ミリ相当としてあるが本当は25ミリ相当なのだけど、ツィッターで指摘したけど全く改訂されてない。で、本日はWX60の国内発表の記事があったけどこちらではきちんと25ミリ相当になっている。編集部内の風通しも悪いらしい。

ペンタのQ10・・・やっぱ連写弱いままだった。バッファーがいっぱいになったら、1秒1枚程度に落ちてしまう。これで一眼というか本格派カメラを名乗って欲しくないなぁ。

マイクロフォーサーズ機ってパナorオリの違いに限らず、機種ごとにシャッター音というか手に伝わる感触が違うのは気のせいだろうか???現行機種でいうとG5とGH3以外はちょっとヤダ。

あまり注目されないペンタのX-5(完全になんちゃって一眼レフな見た目のコンデジ)そして、オリのSP-820(恐怖のファインダーなしで40倍光学ズーム機)、両者の個人的に注目すべき最大の特徴は、現行機では最広角の4ミリ(22.5ミリ相当)からのズーム。なんでカメラマスゴミはもっと持ち上げてあげないのだろう?で、このレンズ倍率こそ違うけど同じものかなぁと思いきやオリは9群14枚、ペンタは9群12枚・・・でも外観やズームの動きはそっくりなんだけどな?倍率を落とすことで枚数を減らしているのかなぁ?CP+で突っ込みいれてみよっと。

ついでにSP-820のもう一つの謎の特徴。1/2.3インチ、1400万画素CMOS採用。というと・・・パナ製?他CMOS機はみな裏面入射だというのに。しかもOM-5Dでパナ撮像素子と決別し、さんざんソニー製のCMOSはいいっすよ、といいまくった後に、これ?どういうしがらみなのだろうか?上のレンズ疑惑と含めて興味深い。経済界のしがらみって・・・

そんなパナもビデオカムの方はどんどん裏面CMOSに浸食されているようだが。

ポラロイドの新型のZINKカメラ、某ライターが「ぼけ検出機能があります、複数枚撮って一番ぼけの少ない写真をえらんでくれまーす」とねぼけたことを、その文章の前にゾーンフォーカス機だと自ら書いておきながらぶっこいてたけど、確かに実機のメニューをみると「ぼけ検出」(あ、正確なのは忘れた、とにかくぼけとは書いてあった)という項目がありそれを使うと「ゆっくり」3連写して、一番いいのを強制的に選んでくれるのだけど、やっぱり想像したとおりの往年のニコンのBSSと同じような感じ。一番コントラストの強い画像をチョイスしているだけのようで、それも精度低いし、連写がおそいので、3枚を別々の写真にすることも可能であったり・・・ま、いっか。

ニコンのD50が正月価格で売られていて、ちょと手がでかかって過去のレビュー記事検索したけど、やはり黒が紫っぽくなるあほあほWBは実在していた。個人的なユーザー歴ではD100→D40X→D60・・・・で40XまでがこのあほあほWBで黒が黒にならないというとんでもない仕様(マニュアルWBで調整してもだめだった)だったのだけど、特にそれを指摘したライターとかは記憶にないなあ。特に今回ヒットしたレビュー記事では、光の加減で一枚の写真の中で同じ服が黒と紫の2色になっていたりして・・・

50Dスクリーン暗黒化計画失敗・・・すげーデリケートなものだと思い知らされる

D5000・・・「自動露出エラー」でまくり勘弁してくれい。デジタル時代になって質実剛健さがニコンから消えたようなきがする。

「空気感までも写しだす」って言ってるやつら!空気感を説明しろ!てか空気感がある写真とない写真を並べてみやがれ!

ペンタの単三電池つかうぜデジタル一眼レフ・・・もういやっ!撮影枚数が少ないとかいうレベルでなく、今充電したばっかりの電池(しかもテスターで解放電圧をチェックしたもの)ですら1枚も撮れないって・・・

ペンタがCESで発表したMXとやら、どこまでXZ-2なのかが、CP+で楽しみなところ。レンズ、撮像素子、液晶モニタ、この辺は共通らしいから、ある意味画像処理の差を比較できる貴重な例になるかも?

2013年1月 4日 (金)

円周魚眼フロントワイコン

ケンコーの0.45倍セミフィッシュアイフロントワイコンが転がっているのが目に入り(色んなものが転がっている不思議な部屋なんですぅ・・・)、頑張って円周魚眼、しかも画角180度にしてみっか、と挑戦してみました。

と偉そうに言っても、フロントにメニスカス凹をあれこれつけて試行錯誤していくだけなのですが・・・

結局は、メニスカス凹二段重ね、当然上に行くほど面積は大きくなり・・・・

写真のマスターレンズはパナの14-140ミリでそれなりの大きさのレンズですが、それよりも大きく重いレンズになってしまいました。おかげで軟弱なレンズに装着すると重さで軸ズレを生じ、円周のけられがあるために明確に確認でき、いろいろ別のレンズの不具合とか発見できたのはひょうたんからコマでしたが(本当にC社の普及品レンズの品質ってば!)。

Img_0066_2画質は・・・・・・・・・・・よろしくないっすな。

Image10Image11
上二つみたいな感じだとごまかせるけれど、周辺にしか目がいかないような絵にするとモロばれ。ちょっと大きさも含めて再考の余地あり、なワイコンでございます。

Bokutatinositppao









« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »