« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月 5日 (水)

マイ デジタルスチルカメラ 初号機

ありそうで無い、割とレアなフジの一般向けコンデジの初号機。

我が家でも大枚はたいて買った、最初のコンデジ・・・確か5万円は超えていたような・・・

スマメも2MBで5千円位してたような・・・ちなみに幻度が五つ星位な5Vスマメっす。Sd7
光学ファインダーなし(すぐに改良機のDS-8がでて、それには着脱式光学ファインダーが付属・・・当時は液晶を消灯して消費電力を減らそうという、重要な役割が光学ファインダーにはあった!)

マニュアル絞り、ゾーンフォーカス!

静止画用専用CCD採用(画素が正方形!、当時はビデオ用流用だと縦長で内部での画像処理が必要だったそうな)

単三電池4本!!!!当時の高級アルカリ電池で50枚もとれればラッキー!な世界。

一度、新品のマンガン電池を使ったことがあるが、なんと撮影枚数1枚!しかも電池は去られない位熱くなっていて・・・びっくり~

そして一番の売りはやはり、スマートメディアという、デジタルカメラ専用の着脱メモリーを採用したということ、JPGという汎用データを採用したこと。

デジタルカメラの嚆矢となったQVシリーズは、独自のファイル形式&内蔵メモリーを長らく続け、のちに苦戦することとなるし、今となっては画像データファイルが残っていても昨今のパソコンでは見れないし、パソコン接続用ケーブルがあったとしても、パソコン側はRS232Cという懐かしの企画なのでこれまた繫がらないし。

この点、DS-7だと、SMはいまだカードリーダーはアキバうろうろすれば存在するし(5Vカードに対応してるかは不明ですが)、DPE屋さんの端末でも何とか残ってる所は多いし。

とりあえずパソコンに取り込んでしまったデータは、まぁJPG規格が消滅することはないだろうから未来永劫活用できるし。

Ds777

それはそれとして、カメラの実用度としては、35万画素であるということ以外でもすべてにおいて未完成でしたが、色々勉強(分解・改造????)させてもらった機体でした。

100円で再び巡り合えるとは~~生生流転

2013年6月 1日 (土)

エガオノオト(歩りえこ著)のぱくり

Dsc_2266
Dsc_3337


Dsc_3338


Pic00084


R1001143

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »