« ワイコン | トップページ | ODFにともなう板橋のカメラ展は危険だ! »

2014年2月 4日 (火)

パワーショットSX280HSのバッテリー対策

先代のSX260から「動画がすげーくなったぜ」というのが最大の特徴だったはずのSX280が、やたら動画での電力消費が激しいのか電池制御がシビアなのか、すぐに使用不能になり価格コムとかで話題になっておりました。ちなみに修理に出した人とかの話だとキヤノン的には仕様の範囲だとか・・・・・

最近あちきもこの機種を手に入れて、「自分は、動画撮らないから、関係ないっす」と余裕ぶっこいてたら静止画オンリーでもなんかバッテリーの持ちが悪い・・・とかいうレベルでなくノーフラッシュでも数十枚でダウンしたり。でもバッテリーそのままでちょい間をおいて電源入れるとバッテリーインジケーター満タンだったり・・・

ダメなときに色々いぢくっていると、バッテリーのふたを軽く押すと生き返る事を発見!

これは・・・典型的なバッテリーとカメラ内端子の接触不良!京セラコンデジの後期のものによく見られた現象。

開けてみると、確かにバッテリーぱかぱか

Kapunkapun


これを指で押すと、見た目わずかだけど、バッテリー接触には致命の隙間が

Kapakapa

普通はふたの裏の部分が推しつけるような構造で、こいつもそーなんだけど、それが弱いんやね、あからさまなミス。割と続いているシリーズだし、他のコンデジでもバッテリー部の抑えなんて基本中の基本だから、多分製造ミスとか部品の誤差仕様の設定ミスとか・・・まぁキヤノンらしいというかなんというか・・・・トホホやね。

アルミ箔テープを三層位重ねてふたの裏に貼り付けて、問題解決!めでたしめでたし!

Taisaku




« ワイコン | トップページ | ODFにともなう板橋のカメラ展は危険だ! »

コメント

そろそろキャノンからSX280のバッテリー不具合対策がなされているかな…と検索した所、こちらのエントリーを拝見いたしました。
衝撃です。アルミテープがなかったのでアルミホイルを3回ほど折りたたんでバッテリーと蓋の間に挟んだところ、普通のデジカメ並にきちんと作動するようになりました。
動画+ズームは初期からほとんどダメで、症状は日に日に悪化し、最近は充電直後でもバッテリー落ち、ズームを使うと万充電でも半々でバッテリー落ち、という完全に欠陥品になっていたところ、この対策をした所まったく快調に普通に使えるようになりました。本当に衝撃です。
本当にありがとうございました。
もしよろしければ、お手数ですが価格ドットコム等の口コミにもこちらのURLを書き込んでいただければ、多くの人が私のように救われるかと思います。

私もSX260HSから280HSへの買い足しでバッテリー問題に困っていましたが、この対策でかなりまともに動くようになりました、ありがとうございます。

自分も同じカメラ持ってます。で、購入から数ヶ月でいっさい起動しなくなり、
ムカつきつつメーカー修理に出そうと思ってたところ、そのまえに一応同じ
症状で困ってる人おるかもしれんな・・・。と検索したら、こちらのページを発見。
失礼ながら「本当ですかい??」と半ばいぶかりつつ、バッテリに同じ処理を施し
たら・・・、ほんとに治りましたww
おかげ様ですげえ助かりました。ありがとうございます!!(他人の手に触れずに
済みましたよ!!)

後のことですがAmazonでもまったく同じ症状、自己補修をしてる人がいて笑いましたw
致命的な構造欠陥でしょ~、これは!! 
これでリコールしないとか、キャノンもダメですな。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/54866320

この記事へのトラックバック一覧です: パワーショットSX280HSのバッテリー対策:

« ワイコン | トップページ | ODFにともなう板橋のカメラ展は危険だ! »