« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月29日 (土)

問題の多いXZ-10

某カメラ誌の読者コーナーで、厳しい評価を下された(下したのは自分だった、てへ)オリンパスの微妙な高級コンデジXZ-10(いつのまにかディスコン・・・・後継機ない雰囲気・・・)

夜のワンコの散歩の途中、空を見上げると、綺麗な三日月が、そのそばを移動する謎の光点・・・飛行機なんですが、これは良い感じとポケットをまさぐると、なんとXZ-10さんが入っておりました・・・

明るいレンズで暗所に強い・・・はずなんだけど・・・夜の月にフォーカスなんて合わせてくれっこないし、別の遠距離にあるビルの窓とかにフォーカス合わせてからターゲット移動なんてやってるヒマないし。

あと、光学5倍ズームはしょーがないとして、デジタルズームの類がないのも、この場合痛いっ!

とほほ・・・

Aoararara

2014年11月23日 (日)

12.5ズーム×テレコン

10倍クラスのコンデジと 2倍系テレコンの戦い

カメラはZR-200で12.5倍、テレ端は300mm相当。露出固定で撮影

前回の20倍、500mm相当よりはゆるいので2倍テレコンがなんとか使える感じで・・・

オリジナル画像

2baiorigin

1 ソニービデオ用2倍

 ちょと周辺で色収差でてますが、がんばってます

Sonivideo

2 ソニー2.6倍コンデジ用2.6倍 たしかW1とかサイバーショットデザインを捨てた頃の  

  機種の3倍ズームレンズ用だったかと。

 ということでレンズ径、特にリア側が小さく、周辺がかなり暗くなってしまいます。

 画質ももうひとつしゃきっとしてないような・・・

Sny26

3 キヤノンコンデジ用2.4倍

  これも当時の標準的なズームレンズ用で・・・なんかもの凄いことになって・・・ダメダこりゃ!

Cnon24

4 ニコン2倍 

  これもクールピクックスのあの、スイベルモデル用でリアが極端に小さくて・・・キヤノンと同じ傾向でだめだこりゃ。

Nikon2bai

5ソニービデオ用2倍

 1番のものより小型軽量、ただし1番がプラ鏡筒なのに対しこちらはアルミで高級感はあるけれど・・・なんとか及第点

Sony2


ということで2倍テレコンはSONYの独壇場という結果に。

うーん、奥が深い。




2014年11月22日 (土)

20倍ズームクラスのコンデジ vs テレコン

20倍ズームとか、初期値(最短焦点距離)を伴わないと本当は意味のない数字なんだけど、昨今は24-28ミリ相当からスタートしてるから、500ミリ相当に行くカメラだと思いなはれ。

このクラスになると2倍フロントテレコンとかはほぼ全滅、色収差ががっつり増強されてしまうやら、無限遠がでなかったり、基本の球面収差もへろへろで、問題外。

1.5倍クラスなら何とかなるっぽいのでだーーっとテストしてみたっす。

Konkon


カメラは、キヤノンのパワーショット SX 280HS

ISO、絞り(解放)、シャッター時間、固定で、望遠端(500ミリ相当) にてあれこれ装着しまくりで撮影

1 カメラ単体画像

Orginal

2ミノルタ大昔のビデオカム用の1.5倍 スライド装着方式の

 全体あまあま、たまに糸巻歪曲もでてきて・・・ダメ

Photo

3ソニービデオ用の1.4倍 まぁほどほど

Sony14


4 オリンパス1.5倍 多分デジタルカメラ(キャメディアとかのC1400系用)と思われる

 これならOKかなという感じ

Photo_2
5キヤノン1.5倍 一応コンデジ用なのだけど、リア径が小さめでそれ程望遠になることを

 考慮してないモノと思われ・・・ということで色収差て色にじみまくりガンガン

Photo_3
6オリンパ1ス1.45倍 HQ何タラとか書いてありC-5000系用だったかと。

 まあまあ頑張っているかなという感じ。大きさを考えると1.5倍オリンパスよりこちらの方が実用には適しているかもPhoto_4
7ケンコー1.7倍 でかい!けど画質は一番良いし、倍率も高いし。

オリンパスでも1.7倍テレコンがあるけれど、外観とかからして、これのOEMかと。中古でも価格差(ブランド差)はあるので、ケンコー品を買った方がお得かと。

Photo_5

8リコーMIRAI用 倍率は書かれないが、TC200という型番からすると135mmを200mmに

するテレコンと思われ、そうすると倍率は1.48倍 これもかなり良い感じ。

やっぱりちゃんとした画質にするには大きく重くなくてはいけないということでしょうかね?

Photo_6

9リコー???用 銀塩コンパクト用のテレコンと思われるが型番倍率全て不明

画質も不明瞭、色収差もあるし周辺もちょと崩れ気味だし・・・

Photo_7
10 パナソニック 1.5倍 ビデオ用と思われる。

  もう一歩・・・二歩頑張ってほしいかも・・・

 ただ、軽量でリア径も大きめなので、違う用途があるかもしれない

Photo_8

11 写るんです望遠 new 写るんです望遠タイプ第二弾には更にテレコンも付属するという徹底ぶりで、100mm→140mmという1.4倍テレコン。勿論オールプラスチックレンズ!一枚目は直径40mmの大口径!

でも侮れず!正直今回の組み合わせではもう一つだが、色収差もプラオンリーとは思えない少なさだし、10倍ズームあたりなら実用になるかも?

Photo_9

13 すげー古いトキナーの多分ビデオ用。1.5倍。凸-凹二枚組で、凸が分離出来て凹単体で0.5倍(タル歪すごいけど)になるというコンパチフロコン

ま、画質は・・・あれでそれですな・・・

I

20倍クラスにはそれなりに光学系のしっかりした(=でかくて重い)テレコンを使わないとダメだとわかったけれど・・・携帯性はとても悪くなるので、だったら最初から昨今の30倍コンパクトを買った方が便利・・・という寂しい結果になってしまいました。

でもデジ一と併用して、両方にテレコンを使って焦点距離のカバーレンジを拡げようというときには役に立つかも?

全体のバランスを考えるとリコーのMIRAI用のテレコンが現状我が家のすっとくではベストかと。
























« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »