« 膨らむ純正バッテリー | トップページ | 栄光の、カメラのにっしん「用品館」が!!!! »

2016年7月13日 (水)

ズーム時に手助けの必要なコンデジ

懐かしのキャプリオブランド、7.1倍ズーム、700万画素機のR5を500円で手に入れまして、家で試してみたら特に問題ない雰囲気でラッキー!と思っておりました。Photo次に外で、フィールドテスト。ズームアップすると・・・・なんか途中でリセットというかレンズが広角短にもどる、胡散臭い現象発生。家ではテレ側にはほとんどしなかったから発見できなかった。

どうも、4倍あたりで、メカ的にひっかかるところがあるらしくて、そこを超えようとすると、安全装置が働いてワイド側に戻る、らしい。

おもしろかったのは、戻る時に内部のシフトレンズの動きがわかることで。

下の2枚の写真な雰囲気
2
Photo_3
で、広角端にもどってフリーズ復活撮影可能に。

Photo_2

動きからするとどーも歯車の欠けとかがストップ位置になるようで、あらかじめレンズ鏡筒をもって、電動ズーミングにあわせて鏡筒をまわして峠を乗り越えると、テレ端まで問題なくつかえたりする。

やっかいなカメラですが、まぁ、リコーの一時代(撮像素子のキャリアオーバーで何世代続いたことか)を築いた機種ですので、とりあえず殿堂入りはさせておこうかと思う今日この頃。

あと写りでも不思議なことがたまにおきて、

ド中心が一部ぼやけるというかぶれるというか。

Bokeari

これの中心を拡大すると

Nazoboke
画像処理の問題????

すごいピンポイントでCCDに透明なゴミでもついた???

同じ時に撮影した写真で大丈夫なものもある

Bokenasi

ああ、奥が深いリコーの世界








« 膨らむ純正バッテリー | トップページ | 栄光の、カメラのにっしん「用品館」が!!!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/66489476

この記事へのトラックバック一覧です: ズーム時に手助けの必要なコンデジ:

« 膨らむ純正バッテリー | トップページ | 栄光の、カメラのにっしん「用品館」が!!!! »