« アシュラ男爵的ディマージュX50 | トップページ | ニコンミュージアム 試作機展示 »

2017年4月21日 (金)

一部液晶死亡でもインフォメーションにかからなければOK

ということで、カメラの情報(ISOとか画素数とか露出モードとか・・・)がマスキングされない箇所の液晶死亡ジャンクコンデジは、そこそこ使えますよというお話。

機種は富士のファインピクスZ80という、微妙なコンセプトのカメラ。

パッと見は普通。

Photo
問題の液晶はこんな感じで。ブラックアウトがもう少し上だと一番厄介なストロボモードにかかっていた所・・・

Z80

さて、このカメラ、かなり癖が強くて、まず操作系。押すと白抜き部分がLED発光して、きれーなのかもしれないけど、実用的には要らん。

デザイン優先な十字キーは当然押しにくくて操作性悪!

そして謎の「地球+矢印」なボタン、フェースブックやユーチューブに簡単にアップロードできるらしいのだが・・・WIFI内蔵でもないのに???Photo_4

メニューでもそんなこんなできて、こんな感じ。で、アップロードしたいコマ、動画を指定しておくと、後でネットにつながってるパソコンとこのカメラを接続すると、するっとネットにアップしてくれる、のが素敵な機能・・・なのだそうで・・・

Photo_5さらに、フォトブック機能とやらも充実していて、フォトブック、フジのお店で簡単にフォトブック注文できるための、フジの商売のための便利機能・・・

Photo_6
余計な機能満載のわりには、5倍ズームだけれども36mm相当からの5倍と、やや汎用性にかけ、2010年発売機種のくせに手ぶれ補正もそなえておらず、余計な機能より先に基本をもっとしっかりせいよ!といいたくもなる。

撮像素子は1/2.3インチ1400万画素で当時としては普通で、おかげできちんと撮れば画質はよろしい。

どーもフジのコンデジは自慢の独自撮像素子(ハニカムなんちゃららとかEXR配列とか)を使用してない機種の方が素直な綺麗な画が撮れるような気がするのですが???

Photo_7

ま、液晶アウトジャンクは、外観である程度わかるので、黒点の位置によっては手を出す価値があるかも???そこだけがNGとは限らないので責任はもちません。

















« アシュラ男爵的ディマージュX50 | トップページ | ニコンミュージアム 試作機展示 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120722/70334961

この記事へのトラックバック一覧です: 一部液晶死亡でもインフォメーションにかからなければOK:

« アシュラ男爵的ディマージュX50 | トップページ | ニコンミュージアム 試作機展示 »