« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月 9日 (日)

SBM100 レンズのMFT転用 完結編

CAPAで連載さしてもうてる、ランクJというコーナーの17年7月号の続きというかなんというか・・・Sbm100

APSフィルムコンパクトのコニカの本気(OEMでない自社製品)のAPS第一弾であったスーパービッグミニは、APS単焦点機としてはそんなに小型ではなかったけどレンズは、ビッグミニの系譜でさすが!な画質だったので、期待してマイクロフォーサーズに移植したら、なんかおかしい。周辺画質がへもすぎ。何だ何だと検討してるうちに締め切りが近付いてようやく、レンズの一番後ろが撮像素子にかなり近く、撮像素子周辺部へはかなりきつい入射角になり、撮像素子前の平面ガラス(MFTだと素子そのもののカバーガラス、ローパスフィルター、ゴミ落としのソニックフィルター面)による非点収差らしいと気づき、ぎりぎりの時間の中で絞りを入れてなんとかごまかしたという顛末でありました。

それでも効果はあまり十分でなく、しかし、もっと絞ると暗くなるしと、これもベストの解決さくではなく、やはり凹レンズを一枚かましてレンズ系全体を撮像素子から遠ざけるのがベストかと。ゆるい(-fの長い)凹レンズを探すのが一苦労なんですが、まぁなんとかかんとか。

左からノーマル状態、絞りあり(CAPA掲載品)、リアにゆる凹で一応の完結品

Smb1003

撮影画像を並べてみますと

オリジナル

Photo_4
絞りあり

Photo_5
リアに凹

Photo_6

右下あたりを、オリジナル画像から切り出したものが以下

ワイヤーの、文字通りの二線ボケの程度の違いが、おわかりになるでしょうか?

オリジナル

Photo_7
絞りあり

Photo_8
リア凹

Photo_9


リア凹は今度は色収差がちょこっと顔だしてたりするのですが・・・

平行光中に平行なガラス板とか入れても光学収差的には何の問題もないのですが、収束発散光中に入れると凹レンズ的な各収差が発生。平行ガラス板が分厚い程、光に角度がつくほど収差が大きくなって。

いつかフルサイズ系のミラーレス(α7)を手に入れたらと、秘蔵していたオリンパスのμⅡ(35mmF2.8)のレンズユニットも相当撮像素子に近づくタイプで、今回もちょろっとお試ししたのですが、35mmフルサイズの銀塩フィルムに対応してても、マイクロフォーサーズ程度の小面積でもSBM100と同様な結果になりまして(周辺ぼけけ)、ひと工夫?ふた工夫ぐらい必要かも?

















« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »